お小遣い稼ぎが副業禁止でも稼ぐ方法はあるのか?調べてみました!
インターネットの普及に伴い、そしてスマートフォンの普及に伴いワンタッチで稼げる時代になりました。だけれど「うちの会社は副業禁止だから。」とせっかくのお小遣い稼ぎできる機会を逃している人も多いと思います。ではどうすればいいのか?

 

お小遣い稼ぎの副業はなぜ禁止されているのか?

お小遣い稼ぎ

 

最近は給料が減っているという理由で副業OKの会社が増えてきました。
しかしまだまだ古くからある大手の会社では就業規則に発覚したら懲戒・解雇と書かれている副業に関する規約があります。

 

 

会社側としての不安要素としては、自分の会社で付けさせたスキルが副業という形で外に出てしまうと情報漏えいなどの恐れにつながるという危険性を感じているのだと思います。

 

 

また副業に夢中になり本業がおろそかになる場合もあります

 

 

今現在、優秀な社員である人が副業した場合きっと副業でも結果を出せると思います。
それに気が付いて起業されてしまうと仕事も出来て人望もある人の場合は部署まるごと引き抜いて独立なんてことになりかねません。

 

 

そうなると会社にものすごい不利益をもたらすこととなります。

 

 

同じ職種に手を出されてしまえば元々の会社が最悪倒産になってしまう可能性もあります。
このためにノウハウや技術がカギとなる会社では副業NGとなるのです。

 

 

副業に興味がある人は始める前に今勤めている会社の規約を今一度調べてみると良いでしょう。

 

 

お小遣い稼ぎの副業のメリットとデメリットは?

お小遣い稼ぎの副業のメリットは、

 

外回りなどが多く比較的自由に時間を使える仕事の人はアポとアポの間の空き時間がやけに長く
無駄な時間を過ごすこともあるかと思います。

 

 

お小遣い稼ぎ程度の副業ならば時間もそんなにとられない上に収入が増えて一石二鳥ですね。
また、副業の内容にもよりますが大手の会社に勤めている人はみんなで仕事を回していくために
仕事の全体の流れが見えにくい場合があります。

 

 

自分に与えられた作業だけをする場合が多くあると思います。

 

 

しかし自ら行う副業の場合は自分が社長であり社員であり広報、営業なわけですから仕事の流れ全体がつかめます。この流れが見えた時に本業での他の部署の人の立場や気持ちも理解でき広い了見で仕事ができれば能力もアップすることでしょう。

 

 

また、今の職場にやりがいや居場所が感じられない場合副業をすることで気持ちが満たされ本業も気持ちを入れなおして頑張れることもあります。

 

 

そして副業を本業にするかどうかの準備期間にもなります。
さらに副業で得た人脈や知識で経験が豊かになることでしょう。

 

 

お小遣い稼ぎの副業のデメリットは、

 

本業の他に時間を取られるわけですから体力も睡眠時間も奪われることになります。
体調を崩さないように気をつけなくてはなりません。

 

 

やらなくてはいけないことも増えるので本業と副業のともに集中力が欠ける結果となってしまう場合もあります。また一時的に副業が大儲けしてしまい現実が見えなくなってしまって大きな賭けに出て安定していた本業を失うリスクがあります。

 

 

もちろん初期投資がかかる副業なら失敗のリスクもあります。
一番怖いのは副業が会社にバレて懲戒・解雇になることです。

 

 

副業は自由にやれる分のリスクもあります。

 

 

誰にも監視されていないので時間とお金を意識的に自己管理しないとなりません。
空いている時間で行うので計画性と集中力の無い人は向いていません。

 

 

また確定申告も自分で行わなければならないのです。
ですから、収支の管理をきちんとしておかなければあとで大変になります。

 

 

結構面倒なことが増えていくというわけです。

 

 

出来る事なら会社に相談をして副業を許可してもらってから始めて欲しいですね。
副業は自己責任です。トラブル回避は自分で行わなくてなりません。

 

 

副業禁止でもお小遣い稼ぎができる方法は?

お小遣いサイトって知っていますか?
稼げる仕組みは広告収入です。

 

あなたが広告を利用することで広告主がお小遣いサイトの運営会社に報酬を支払います。
その報酬の一部をお小遣いサイトの運営会社から還元されるというわけです。

 

 

理由がわからないとなんだかうさん臭く感じますがきちんと稼ぐことができます。

 

 

お小遣いサイトはショッピングをするだけ、無料サービスの広告を利用するだけ、ゲームをするだけでポイントを稼ぐことができます。ポイントの換金方法は銀行などに換金して現金化することもできますし、例えばTポイントやnanacoなどにポイントを緒としてポイントから食料品や日用品などを買って生活の足しにすることもできます。

 

 

お小遣いサイトなら副業をするぞ!と気張らなくても大丈夫です。
とりあえず登録してみてください。損はしませんから。無料ですし。

 

 

リスクのある副業だと危険が伴いますがお小遣いサイトならリスクが伴いません。とても気楽です。でも稼げますよ。

 

 

最初は「モッピー」「ポイントタウン」「げん玉」辺りから登録するのをオススメします。
下記に紹介しているのでぜひ無料なので参加しれみてください。

 

モッピー

げん玉

ポイントタウン

 

ちょっと稼いですぐに換金してみれください。
換金できると不安がなくなり楽しくポイントを稼げると思います。

 

また、詳しい稼ぎ方も当サイトでもたくさん紹介しているので参考にしてみてください。

 

 

お小遣い稼ぎの注意点!

お小遣い稼ぎの注意点で覚えておくことは住民税の納付方法です。

 

会社勤めをしている人は書類を会社に提出すればあとは会社が手続きをしてくれるので楽ができますが副業をしている人は自分で確定申告をする必要があります。

 

 

確定申告の際、住民税は自分で納付書を使って支払う方法を選択してください。住民税の納付方法は自分で選ぶことができます。確定申告は本職の給料とは別に収入から経費を引いた額が年間20万円以上の所得があった場合行う必要があります。

 

 

お小遣いサイトでも年間20万以上稼いでしまう人はとても多くいます。その場合「雑所得」という所得税を支払う必要があります。副業がバレたくないから申告するのをやめようという考え方は逆効果になります。

 

 

年間20万円稼ぎがいかなくても市区町村へ必ず「住民税の申告」をしてください。

 

 

先ほどいいました住民税は自分で納付書を使って支払う方法を選択することによって会社に別の所得があることがバレずに済みます。このことを怠ると住民税の金額が副業分と合わさって勤務先の会社に通知されてしまうからです。

 

 

所得が多い分住民税も高くなりますから「なんでこんな高い住民税払っているんだ?」とすぐにバレてしまいます。

 

平成28年度分の所得からマイナンバー制度が導入されました。

 

 

マイナンバー制度の目的の一つは所得税などの課税の強化が含まれるので税務署には所得情報を把握されていることをぜひ頭において申告する必要があります。

 

 

自分で確定申告をする場合経費などの領収証をすべて取っておく必要があります。副業の場合は経費の判別なども難しいのです。

 

 

ご自身の住んでいる近所の税務署に行けばわからないことは全て相談に乗ってくれます。確定申告の時期なら税務署以外の確定申告の会場でも無料相談などを行っている場合もありますので調べて活用してみてください。

 

 

まとめ

お小遣いサイトで副業なんて副業のうちに入らないと思う人もいるでしょう。
たしかに自分のスキルを上げたいとか次の仕事への準備のために副業を考えている人はお小遣いサイトでは納得できないと思います。

 

しかし今の仕事だと生活するのでいっぱいいっぱいで外食することさえためらう人には是非お小遣いサイトの登録をオススメしたいです。本当のお小遣い程度の金額から本気になれば十万以上稼げます。

 

やればやるほど攻略方法が見つかっていくので楽しいですよ。
スキマ時間で稼げるお小遣いサイトです。副業禁止の人是非お試しください。