げん玉とハピタス、どちらを利用したほうがより多く稼ぐことができるのか?比較してみました!人気のお小遣いサイトとして有名なげん玉とハピタス。
どちらを利用しようか迷っているという方も多いのではないでしょうか。
ここでは、げん玉とハピタスをさまざまな角度から比較をしてみました

 

げん玉とハピタスの情報を比較してみた!

比較

 

げん玉とハピタスは、どちらも人気が高いお小遣いサイトです。
ここでは、げん玉とハピタスの情報の比較をしてみました。

 

2018年時点で会員数はどっちが多い?

 

げん玉は「約400万人
※げん玉を運営している株式会社リアルワールド全体の会員数は約1,000万人

ハピタスは「約190万人

となっています。
げん玉はお小遣いサイトの老舗なので、会員数は圧倒的に多いです。

 

 

運営会社はどこ?

 

げん玉は
「株式会社リアルワールド」

ハピタスは
「株式会社オズビジョン」

リアルワールドは東証マザーズに上場している大企業です。
オズビジョンも2006年から増収増益を達成している優良企業です。

 

 

1ポイントのレートは?

 

げん玉は10ポイント1円

ハピタスは1ポイント1円

 

 

ポイントの有効期限

 

げん玉は
180日間利用がない場合失効」します。

ハピタスは
12ヵ月ログインがない場合失効」します

どちらのサイトもポイントに有効期限があるので注意が必要です。

 

 

最低換金額

 

げん玉は
300円(3000ポイント)」から換金できます。

ハピタスha
300円(300ポイント)」から換金できます。

げん玉、ハピタスとも最低換金額は300円からとハードルが低いので、すぐに換金できます。

 

 

対応デバイス

 

げん玉は
PC、スマートフォン

ハピタスは
PC、スマートフォン

どちらもPC版とスマホ版があるので、PCとスマホ両方でポイントを貯めることができます。
今の時代はスマホでも稼げるのでとても便利です。

 

げん玉の危険性と稼ぎ方を徹底解説!

 

ハピタスの危険性と貯め方を徹底解説!

 

 

げん玉とハピタスの換金先や手数料を比較!

お小遣いサイトを選ぶときに換金先や換金にかかる手数料が気になるという方も多いのではないでしょうか。ここでは、げん玉とハピタスの換金先と手数料を比較してみました。

 

換金先

 

げん玉】

 

・現金

ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、セブン銀行(現金受け取りサービス)、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、その他全国金融機関

・電子マネー
ビットコイン、WebMoney、ちょコム、楽天Edy、G-MONEY、BitCash

・ギフト
Amazonギフト券、nanacoギフト、AppStore&iTunesギフトコード、Vプリカ発行コード、Mobageモバコインカード

・ポイント
ワールドプレゼント、ニッセンポイント、Tポイント、ベルメゾンポイント

・商品
お米券(1kg)、図書カード、クオカード、ジェフグルメカード(全国共通お食事券)、ハーゲンダッツギフト券、VJA(VISA)ギフトカード、マックカード

 

 

ハピタス

 

・現金
ゆうちょ銀行、都市銀行、地方銀行、ネット銀行、信用金庫、農協などの
金融機関コードが付与された各種金融機関

・電子マネー
Pollet、ビットコイン、楽天Edy、WebMoney、BitCash、NetMile

・ポイント
楽天スーパーポイント、Pexポイント

・ギフト
アマゾンギフト券、AppStore&iTunesギフトコード、nanacoギフト、Pexポイント、Mobageモバコインカード、ドットマネーギフトコード

・商品
ハピタス堂書店

 

 

げん玉、ハピタスともに現金や電子マネーなどさまざまな交換先があり、ポイントや商品券などにも交換することができるので、その時々に必要なものに交換をすることができます。

 

交換先を比較すると、今のところげん玉のほうが選択肢が多いようです。

 

交換手数料は、げん玉は300円から交換を行うことができ、毎月1回は手数料無料で利用することができますが、2回目からは手数料がかかります。

 

 

げん玉のポイント交換はサイト上では行うことができず、ポイントエクスチェンジというポイント交換サイトを経由うして交換手続きを行わなければいけません。そのため、交換をするときはポイントエクスチェンジに新規登録を行う必要があります。

 

ハピタスは交換手数料は無料なので、ポイントを無駄にすることなく換金することができますが、1ヵ月の交換上限は月3万円までと決まってきます。

 

これに対しげん玉は、1日に1万円までポイント交換を行うことができるので、1ヵ月で30万円まで交換をすることができます。

手数料に関してはハピタスは無料なのでげん玉よりもお得に利用することができますが、1ヵ月の交換上限はげん玉のほうが高いので、より多く稼ぎたいと思っている方は交換上限が高いげん玉のほうが利用しやすいかもしれません。

 

 

げん玉とハピタス比較!ぶっちゃけ稼げるのは?

お小遣いサイトを選ぶときは、稼げるサイトを選びたいと思うものです。
げん玉とハピタスではどちらが稼げるのでしょうか?

 

げん玉は提携先が多いので、他のお小遣いサイトにはない案件があります。
ハピタスは案件ではげん玉に劣りますが、還元率の高さは有名です。

 

同じ案件の還元率をげん玉とハピタスで比べてみると、ハピタスのほうが還元率が高いことが多いです。

 

 

お小遣いサイトを経由して買い物をしたのにポイントがつかないときに連絡をするとポイントを付与してもらうことができる買い物ポイント保証制度は、げん玉とハピタスどちらのサイトにもあるので、サイトを経由して買い物をしたけれどポイントが付与されないという心配はありません。買い物をすれば確実にポイントが加算されます。

 

無料コンテンツに関しては、げん玉のほうが利用できるゲームやクリックポイントが多く、さらにげん玉はライティングやタイピングでもポイントを貯めることができます。

 

友達紹介のポイントに関しては、げん玉は紹介した友達が初めて換金すると800ポイントが付与され、紹介人数に応じて利用した案件の10%~35%が還元されます。

 

 

げん玉は、さらに友達の友達からも1%~12%が還元される制度もあるので、長く続けていると大きく稼ぐことができる可能性が高いです。

 

ハピタスの友達紹介は、ハピタスを紹介したときに100ポイントが付与され、紹介した人数か有効ポイントによって10%~40%が還元されます。ハピタスは還元率が高く、換金しやすいことで人気が高いお小遣いサイトなので、紹介された友達も継続して利用する傾向が高いと言われていることから、こちらも友達紹介で大きく稼ぐことができる可能性があります。

 

 

以上から結論を言うと、お互いにないところを補えるので両方稼げる!という事になりますね。どっちが一番稼げるという事は正直ないですし、どちらも稼げます

 

最終的には、どっちが合うか?になると思います。つまり好みですね。サービスについては申し分ないので、両方稼げることは分かっているのであとは、自分が使いやすいかだと思いますね。

 

また、げん玉についてさらに詳しく知りたい方はコチラ
げん玉の危険性と稼ぎ方を徹底解説!

 

ハピタスはコチラから
ハピタスの危険性と貯め方を徹底解説!

 

 

 

げん玉とハピタス両方利用してみるのもアリ

げん玉とハピタス、どちらを利用しようか迷っているという方は、両方とも利用してみるのもアリだと思います。

 

げん玉はげん玉にしかない案件があり、同じ案件でげん玉とハピタスを比べるとハピタスのほうが還元率が高い案件もあります。

以上のことからも2つのサイトを併用することでより大きく稼ぐことができるかもしれません。

 

実際に複数のサイトを利用してお小遣い稼ぎをしている方も少なくはありません。
げん玉とハピタスは安全に利用でき、確実に稼げるサイトとして人気のお小遣いサイトなので、複数のサイトの利用を検討している方にはげん玉とハピタスの併用をおすすめします。

 

 

まとめ

げん玉とハピタスは、どちらも安定した会社が運営し、安全性も高いサイトです。
案件の豊富さと友達紹介のメリットはげん玉のほうが優れているようですが、ハピタスの還元率の高さも魅力があります。

 

交換先はどちらも多く、手数料無料のハピタスはポイントが無駄にならないというメリットがありますが、交換の上限が月に1万円はより多く稼ぎたいという方にとっては物足りないかもしれません。

 

げん玉とハピタスはどちらもそのサイトにしかないメリットがあるので、どちらを利用しようかと迷っているときは、用して2つのサイトのメリットを上手く利用すると、1つのサイトを利用するよりもより多くのお小遣いを稼ぐことができますよ!

 

げん玉の危険性と稼ぎ方を徹底解説!

 

ハピタスの危険性と貯め方を徹底解説!