アンケートサイトで稼いだ場合の確定申告などについて調べてみました。

 

アンケートに答えるだけで、ポイントが稼げるアンケートサイト。

 

簡単に出来、稼げるアンケートサイト。

 

稼いだポイントは、確定申告しなければならないのでしょうか。

 

そもそも、ポイントは確定申告の対象となるのでしょうか?

 

↓オススメのアンケートサイト!↓

 

 

アンケートサイトで稼いだら確定申告は必要?

 

アンケートサイトで稼いだ収入は、確定申告をする必要があるのでしょうか。

 

そもそも、アンケートサイトで稼いだ収入も、れっきとして収入であることに変わりはありません。

 

つまり、普通のアルバイトなどと同じ扱いを受け、所得税法上の雑益である雑収入に当てはまります。

 

 

この雑収入から掛かった費用である必要経費を引いたものが、雑所得と言われるもので、この金額こそが所得税の課税対象となるものですので、確定申告をする必要があります。

 

ちなみに、必要経費として扱われるものの例としては、使用しているパソコン代、プロバイダー代、電話代、サーバレンタル代、振込手数料などです。

 

最後に、確定申告についてサラッと触れておきます。

 

 

確定申告をする日は、2月16日から3月15日までと決められていて、その期間内に前年の所得金額から、支払うべき税額を出して、税務署に確定申告をする必要があります。

 

年末調整は、会社がやってくれるものですが、確定申告は個人でしなければなりません。

 

なお、商品を購入し、その商品の70%分などがポイントで還元される場合、「収入」では無く、「割引」と捉える税務署もあるようです。

 

 

アンケートサイトで課税対象になる金額は?

アンケートサイトで稼いだ金額を、確定申告をするのか、しないのかを判断する基準は、給与所得者かそうでないかで変わってきます。

 

そもそも、給与所得者とはどのような方を言うのでしょうか。

 

給与所得者は、会社などの法人から給与などを、受け取っている人なので、サラリーマンが典型例です。

 

 

給与所得者がアンケートサイトで稼いだ所得である雑所得が、年間で20万円を超えた場合、確定申告をしなくてはなりません。

 

サラリーマンは、会社で毎年12月に年末調整を行いますが、確定申告の場合は、個人で一年間の所得税額を計算した上で、税務署に申告する必要があります。

 

また、年間で20万円を超えなかった場合には、確定申告をする必要が無いため、雑所得分の税金を納付する必要はありません。

 

ちなみに、所得税法では正社員やパートなどの括りは全くありませんので、会社などの法人から給与を受け取っている場合は、給与所得者として扱われることになります。

 

 

給与所得者は、年間で20万円を超えた場合には、確定申告をしなくてはなりませんでしたが、給与所得者では無い人の場合は、どうなのでしょうか。

 

給与所得者では無い人の場合は、所得が年間で基礎控除額である38万円を超えた場合に、確定申告をしなくてはなりません。

 

なお、収入では無く、収入から必要経費を引いた所得である点に、注意が必要です。

 

 

アンケートサイトの謝礼が現金以外でも確定申告は必要?

最近では、アンケートサイトでの謝礼が現金以外、例えば、図書カードやクオカードなどが増えてきています。

 

では、このように、現金以外だった場合には、確定申告は必要なのでしょうか。

 

換金性の高い金券、例えば、図書カードやクオカードなどの場合は、現金同様に所得税の課税対象です。

 

 

つまり、年間の収入が基準の金額を超えた場合には、確定申告をしなくてはなりません。

 

ちなみに、ここ最近特に増えてきているのが、Amazonギフト券ですが、使用期限を過ぎた場合には、価値が無くなるのですが、図書カードなどと同じように課税対象になるようです。

 

また、nanacoやWAONなどのように、電子マネーに交換する場合も、金券同様に雑所得となるようですが、明確な基準はありません。

 

そもそも、アンケートサイトは新しい概念であり、確定申告や所得税を管轄する国税庁や税務署が、十分に対応出来ている訳ではないため、

 

明確な根拠などが無く、取り扱いについては不明確なままというのが実情です。

 

 

アンケートサイトで稼いだ金額の節税対策!

アンケートサイトで稼いだ金額も課税の対象となることから、折角稼いだにも関わらず税金を徴収されるのは、義務なのでしょうがいないことですが、少しでも税金を少なく納めたいと思うのは、住民なら当然のことだと思います。

 

では、アンケートサイトで稼いだ金額を節税するためには、どのような方法があるのでしょうか。

 

アンケートサイトで稼いだポイントを、現金などに交換するタイミングを見計らうことで、節税効果があります。

 

どういうことかと言うと、アンケートサイトで貯めたポイントが雑収入とされるタイミングは、ポイントを獲得したときでは無く、獲得したポイントを現金などに交換したタイミングです。

 

 

つまり、現金などに交換する際には、交換するタイミングと金額を把握していれば、節税することができます。

 

例えば、1月から11月で25万円分のポイントを獲得していたとします。

 

12月に19万円の現金と交換し、残り5万分のポイントは翌年に持ち越すとします。

 

19万円では課税対象とはならず、課税されることはありませんので、所得税を節税することができます。

 

ここで注意しなければいけないのは、ポイントの期限をしっかりと把握しておく必要があります。

 

 

把握しておらず、5万円分のポイントを現金にして、その分の所得税を支払った方が良かったなんてことにだけは、ならないようにしたいものです。

 

その他の節税対策としては、ふるさと納税があります。

 

ふるさと納税は、応援している地域の地方自治体へ寄付をすることで、返礼品が貰えると共に、実質自己負担が2,000円で、確定申告することで還付され、翌年度の住民税が控除される仕組みとなっていて、非常にオススメです。

 

 

アンケートサイト確定申告まとめ!

アンケートサイトで稼いだポイントは、お金と同等の価値があることから、アフィリエイトや株などのように確定申告をする必要があります。

 

確定申告が必要なのは分かりましたが、どの程度の収入を得た場合に確定申告が必要になるのかというと、給与所得者である場合と、

 

給与所得者ではない場合とで違いが生じています。

 

給与所得者であれば、アンケートサイトで得た雑所得が20万円を超えた場合には、確定申告をしなければなりません。

 

また、給与所得者では無ければ、アンケートサイトで得た雑所得が38万円を超えた場合には、確定申告をしなければなりません。

 

 

このように、給与所得者かどうかで、確定申告をするべき基準の金額が変わってきます。

 

また、図書カードやクオカードなどのような金券に交換して、現金に換金しなかった場合は、どのような扱いになるのかというと、換金性の高い金券として扱われるため、現金同様に確定申告をする必要があります。

 

しかしながら、アンケートサイトは出始めてから10年ほどしか経っていませんので、しっかりとした法整備などが出来ていないのが実情です。

 

また、最近飛ぶ鳥を落とす勢いで交換先に登場してきている、nanacoやWAONなどの電子マネーは、国税庁や税務署などの確定申告を扱うところでも、しっかりとした対応が出来ていないようです。

 

つまり、判断に困るような交換先が登場した場合には、揉める可能性は秘めています。

 

 

頑張ってアンケートに答えて、確定申告をすべき金額を超えた場合に、確定申告をせずに節税をすることが出来ます。

 

どういうことかと言うと、雑所得にされる基準は、ポイントを獲得したときでは無く、獲得したポイントを現金などに交換したタイミングです。

 

つまり、現金化するタイミングを自分で考え、給与所得者の場合は、30万円分のポイントがあっても19万円分でとどめておくなどをすることで、節税することが出来ます。

 

また、確定申告をするのであれば、ふるさと納税もオススメです。

 

このように、アンケートサイトは上手く活用することで、多くの金額を生み出し、自分のタイミングで交換することも出来ます。

 

また、確定申告の対象にならないように、自分で操作することも出来ます。

 

 

 

当サイトが今一番オススメする2019年一押しのお小遣いサイトは
ポイントインカム」です!

 

数多くあるお小遣いサイトで今もっとも勢いがあるので迷ったらポイントインカムに登録しましょう!

 

今キャンペーン中で、なんと下記から登録するともれなく2,000ポイント(200円相当)が貰えちゃいますよ!

 

さらに翌々月末までに初回ポイント交換すると1,000ポイント!

最大で3,000ポイントゲットできます^^

 

ポイントインカムへの無料登録はこちら
↓  ↓  ↓

ポイントサイトのポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方!評価・評判を徹底解説!

 

他に一緒に登録するとオススメなのが「ライフメディア」です!

 

こちらから無料登録した月の翌月7日までに広告利用するだけで250ポイント(250円相当)貰えます!

 

さらに翌々月7日までにポイント交換するとまた250ポイント貰えて合計500ポイント(500円相当)貰えちゃいます!

 

ライフメディアへの無料登録はコチラ
↓ ↓ ↓

ライフメディアへ無料登録

ライフメディアの稼ぎ方と危険性や評価・評判を解説!

 

その他にオススメな稼ぎ方大公開!
↓  ↓  ↓

30万円以上の副収入を得るお小遣いサイトの稼ぎ方!