副職がバレない方法で稼ぐのにオススメなのは?を紹介します!
副職が会社にバレるとマズイ人必見です。副職がバレない方法があるんです。

いくら頑張っても収入が上がらない。
でも、転職する勇気はなしって人には副職をオススメします。
会社によっては副職が禁止されているところもありますね。

 

副職がバレないようにするには?

 

最近、ブログやツイッターなどで自分の気持ちを吐露してしまうことがあります。
「別に本名でやってないしSNSの場くらいは本音を言ってストレス解消をしたい」と思うものです。

 

 

副職が上手くいけば自慢したいですし、疲れたり上手くいかない場合も愚痴をこぼしたいですし、寝てない忙しいなんてことも人に言いたくなるわけです。そこをグッとこらえて書き込むのはやめましょう。

 

 

いつどこでどんなタイミングでバレるかわからないものです。
過去にさかのぼって発言を確認されるとバレる場合もあります。

 

 

あなたに執着している名探偵がいるかも知れません。大変危険です。
もちろん、信用している人に飲んだ勢いでいうのもNGです。

 

 

誰がどこで聞いているのかわからないですからね。

 

 

副職禁止の会社に勤めているならその辺りのことを厳重に注意するべきです。
バレたら解雇なんてこともありますから慎重におこなうべきです。

 

 

副職禁止の会社でない場合でも副職していることがバレると「あいつはお金を持っている」「今の会社を辞めるつもりだ」「本業は手を抜いてる」など悪い噂をSNSで拡散されてしまうかも知れません。念のため副職が禁止でなくとも黙っていた方がよいでしょう。

 

 

SNSはやってないし、誰にも話していないのに副職がバレる場合があります。
それは明らかに持ち物が高級になっていたり美容院の回数が増えていたり

 

人おごってしまったり自分では無意識でもそういった変化が職場の人に怪しまれたりする場合があります。

 

 

収入が増えたらそれなりに良い生活を送りたいところですが露骨に態度を変えるのはやめておいた方が無難です。

 

 

副職でバレるくらい稼がなければいいだけ

確定申告しなければバレないんだから副職でバレるくらい稼がなければいいだけって思っているあなた、その考えは違うのです。副業での収入を20万円未満に抑えてしまえば、副業分の確定申告の必要はありません。

 

 

しかし年収が増えれば住民税の額が変わります。
それが副職がバレる一番の原因です。

 

 

住民税とは住んでいる地域によって収める額が違うものです。
そしてさらに年収によっても収める額が変わってきます。

 

 

前年度の年収によって収める税金額が決まります。
年収が100万増えれば住民税の収める額も6万、7万くらい上がります。

 

 

バレる仕組みは本業と副業の合わせた額が年収となるので、その年収の額によって会社から住民税の額が天引きされて支払われます。なので年収が上がると住民税の額が上がり「おかしいな?」となるわけです。

 

 

しかし、それを回避する方法があります。

 

 

それは副業分の住民税は自分で納付することです。
自分で納付することを選択すれば会社にばれなくて済みます。

 

 

しかし、本業とは別に他の会社に勤めての副業になると自分で納付することができません。
なので副職がバレないようにするにはできるだけ在宅で仕事をするのをオススメします。

 

 

そうすれば人目も気になりませんし自分で住民税を納付することができます。

 

 

副職でバレない方法で稼ぐならお小遣いサイトがオススメ!

住民税を自分で納付するのならパソコンを使って自宅で稼ぐのが副職でのバレない方法です。
しかし、急にパソコンで自宅で稼ぐと言っても何をすればいいのかわからない。

 

 

そんな人にオススメなのがお小遣いサイトです。

 

 

お小遣いサイトとはショッピングやゲームなどで稼いだポイントを現金や電子マネーに交換することのできるサイトです。

 

初心者にオススメなお小遣いサイトはモッピーです。

 

モッピーヘ

 

 

「モッピー」は無料で遊べるゲームのコンテンツがたくさんあるのが特徴です。
ゲームだけでもらえるポイント数も他のお小遣いサイトよりも高いので習慣にしてしまえば楽々と稼げてしまいます。

 

 

ポイントレートは1ポイント=1円なので初心者にもわかりやすくポイントが貯まっていくときに現金を稼いでいる実感があります。パソコンとスマートフォンとダブルで稼げるように本会員になればポイントが早く貯まっていきます。

 

 

そして登録するだけですぐに300円のポイントがもらえます。

 

 

お小遣いサイトに慣れてきたら人気のお小遣いサイト「げん玉」にも登録しましょう
げん玉は数あるお小遣いサイトのいいとこどりをしたようなお小遣いサイトです。

 

 

ゲームも楽しめてショッピングも楽しめてアプリ版ならアプリインストールの案件も多く
稼げます。

 

 

ショッピングでは「お買い物ポイント保証」制度があります。
この制度はお買い物したのにポイントがつかない場合の保証制度です。

 

 

これがあれば安心してげん玉経由でショッピングができます。
紹介されて登録した場合は20円から200円のポイントをもらえます。

 

げん玉の危険性と稼ぎ方を徹底解説!

 

 

お小遣いサイトは多く登録しても結局手つかずのお小遣いサイトを生み出してしまう場合がありますので最初は3つくらいで試してみるのが良いと思います。

 

 

なので3つ目にオススメなのは「ポイントタウン」です。
「ポイントタウン」はアプリ版とパソコン版でコンテンツが違うので2倍稼ぐことができます。
登録時には350円相当のポイントがプレゼントされます。

 

ポイントタウンの稼ぎ方!評価・評判や危険性を徹底解説

 

 

この3つのお小遣いの共通点はパソコンとスマートフォンで2倍稼げるというところです。
ポイントが貯まったら銀行や郵便局で現金化することもできますし、Tカードなどに交換することやamazonギフト券などに交換もできます。

 

 

家や職場ではパソコンを使って外出先ではスマートフォンを使ってスキマ時間にお小遣いサイトで副業しましょう。

 

 

副職と堅く考えずに生活に必要なものをなるべくお小遣いサイト経由で支払うという風に
考え方を変えると節約となるのでお金が貯まります。

 

 

お小遣いサイトではお金を稼ぐこともお金を浮かすこともできるのです。

 

 

しかしお小遣いサイトで稼いだポイントであっても年間の所得が20万円以上になれば確定申告する必要があります。

 

 

副職で稼いだら必ず確定申告しないといけない?

そうです。副職であっても年間20万円以上稼いだら確定申告の準備が必要です。
本職の給与以外とは別に年間で20万円以上の所得があった場合は普段は会社員であっても確定申告が必要となります。

 

 

所得とは収入から経費を差し引いた金額となります。

 

 

副職を始めた年にはどれが経費にあたるのかわからない場合もあるので領収書はすべて取っておいた方がいいです。税務署に相談した時に「あれは経費として認められるのか」と後から教えられることもあります。

 

 

それでは確定申告をしないとどうなってしまうのか?
それは脱税となります。脱税は法律違反なのです。

 

 

どういうペナルティがあるかというと税務署があなたの給料を差押えます。
さらに多額の税金や罰金を税務署に支払うことになります。

 

 

そのことによって会社に脱税がバレるので副職をしていたこともバレてしまうのです。
税務署では確定申告の無料相談をしていますのでホームページなどで確認してから相談に行きましょう。

 

 

副職バレない方法まとめ

お小遣いサイトならちょっと足りないお小遣いを増やしたい目的にピッタリです。

 

今の会社に満足できずに副職をすることで自分の存在意義を確認したい人なら
転職するまでの資金稼ぎにすればよいですし、
貯金が目的なら節約としても利用できます。

 

誰でも無料で登録できるのですぐに始められます。
手軽な副職なのでオススメです。

 

 

 

当サイトが今一番オススメする2018年一押しのお小遣いサイトは
ポイントインカム」です!

 

数多くあるお小遣いサイトで今もっとも勢いがあるので迷ったらポイントインカムに登録しましょう!

 

今キャンペーン中で、なんと下記から登録するともれなく1,000ポイント(100円相当)が貰えちゃいますよ!

 

さらにポイント交換すると1,000ポイント!最大で2,000ポイントゲットできます^^

 

ポイントインカムへの無料登録はこちら
↓  ↓  ↓

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方!評価・評判を徹底解説!

 

その他にオススメな稼ぎ方大公開!
↓  ↓  ↓

 

30万円以上の副収入を得るお小遣いサイトの稼ぎ方!