チョビリッチ(ちょびリッチ)の危険性や被害を徹底調査してみた!
チョビリッチ(ちょびリッチ)に関しては被害者の会まであります。

しかし本当にチョビリッチ(ちょびリッチ)には危険性や被害などがあるのでしょうか?
お小遣いサイトについてネットで調べてみると必ず危険性や被害など不安をあおる記事が出てきます。

 

ちょびリッチの稼ぎ方と評判や評価を紹介!

 

チョビリッチ(ちょびリッチ)は危険性はある?

 

チョビリッチ(ちょびリッチ)の危険性について考えてみました。

 

みなさんが感じている危険とはきっとセキュリティ対策がきちんとされているお小遣いサイトなのか?

 

ということだと思います。

 

 

ですのでセキュリティ対策について調査します。

 

 

セキュリティ対策について考える時にチェックする項目はプライバシーマークとSSLです。
チョビリッチ(ちょびリッチ)はSSLを取得しています。

 

 

SSLとはデータを暗号化するシステムです。

 

データを暗号化し個人情報の流出を防いでいます。

 

チョビリッチ(ちょびリッチ)では、人気のあるお小遣いサイトでは必ず取得しているプライバシーマークは残念ならが取得していません。

 

 

しかしTRUSTeマークを表示しています。

 

これがプライバシーマークと同じような働きをしますがTRUSTeマークの方が少し審査が甘いと思われます。

 

その分チョビリッチ(ちょびリッチ)はログイン方法が特殊となっておりますのでそれがさらなるセキュリティ対策となっているかと思います。

 

 

チョビリッチ(ちょびリッチ)は設立してから14年もたっている運営会社です。

 

現在、累計会員数330万人も超える人気のお小遣いサイトに成長しています。

 

安定して運営されているので危険性は低いといえます。

 

 

チョビリッチ(ちょびリッチ)で被害は出ている?

チョビリッチ(ちょびリッチ)だからというわけではなくお小遣いサイト等のポイントを稼ぐことができるサイトに登録している人はポイントを盗まれる被害にあっている人が少なからずいるのです。

 

 

そういった被害に合わないように不正アクセスをされないように気をつけなくてはなりません。

 

パソコンでチョビリッチ(ちょびリッチ)をしている人はパソコンを不要につけっぱなしにするのをやめましょう。

 

また、パソコン内部の共有設定を有効にしていると侵入される場合があるので気を付けましょう。

 

ウィルスの侵入を防ぐためにセキュリティ対策ソフトを必ず入れましょう。

 

スマートフォンの場合は外出先でフリーのWi-Fiを利用する時は鍵のマークのないものはセキュリティ対策が甘いので要注意です。

 

パソコンでもスマートフォンでもIDとパスワードを複雑にしてすぐには不正アクセスできないように予防しましょう。

 

 

チョビリッチ(ちょびリッチ)での個人情報は安心?

ネットが日常になっている中、個人情報保護の意識は企業側はもちろん私達利用者もどんどん高くなっています。

 

 

なのでセキュリティ対策をしている企業なのかをきちんと調べてからお小遣いサイトを登録しないとなりません。

 

 

チョビリッチ(ちょびリッチ)での個人情報保護の意識を調べてみるとデータを暗号化し個人情報の流出を防ぐSSLは導入されています。

 

 

残念ながらちょびリッチはSSLを取得していますがプライバシーマークを取得していません。

 

 

プライバシーマークとは個人情報保護のセキュリティ対策の社員教育をしっかりしていると認められた会社の印です。

 

 

ネット社会となっている今プライバシーマークを取得している企業の方が売り上げが伸びているという現状です。

 

 

この点ではプライバシーマークがないチョビリッチ(ちょびリッチ)に少し不安を感じます。

 

 

しかしチョビリッチ(ちょびリッチ)はTRUSTeマークを表示しています。

 

 

プライバシーマークより審査が甘いTRUSTeマークですが、プライバシーマークは2年に1度の審査ですがTRUSTeマークは1年に1回審査を受けます。

 

 

その点はプライバシーマークよりTRUSTeマークの方が厳しいのです。

 

 

SSLとTRUSTeマークで個人情報は守られることでしょう。

 

 

チョビリッチ(ちょびリッチ)は本当に換金できる?

 

チョビリッチ(ちょびリッチ)はネットショッピングやゲームやモニターや無料登録などをチョビリッチ(ちょびリッチ)経由で利用してポイントを貯めることのできます。

 

貯まったポイントは現金や電子マネーに交換することができます。

 

ちょびリッチの最低換金は500円からとなってます。

 

2ポイント=1円の計算なのでポイント数にすると1,000ポイント貯まったら換金できます。

 

他のお小遣いサイトだと100~300円で換金できるのでちょっと高めの設定に感じますが、ただ、JALやANAのマイルへ交換する場合だけ400円分からアプラスだったら100円分から交換可能になります。

 

 

心配ですぐにポイントを交換したいのならJALやANAのマイルまたはアプラスへ交換することをオススメします。

 

もう一つオススメなのはドットマネーです。

 

ドットマネーは交換手数料が無料ですし、交換増量キャンペーン中ならお得に交換することができます。

 

チョビリッチ(ちょびリッチ)で本当に換金できるか不安ならばまずはamazonギフト券またはAppStore&iTunesコードに交換してみてください。

 

リアルタイムで交換されるので不安を感じないと思います。

 

 

チョビリッチ(ちょびリッチ)は安全な優良サイト

プライバシーマークが無いことに少し不安を感じましたがチョビリッチ(ちょびリッチ)はJIPCに加盟しています。

 

JIPCとはポイントサイトの質を向上させるために働いてくれる非営利活動している団体です。

 

悪質なお小遣いサイトではJIPCに加盟できません。

 

人気のあるお小遣いサイトでもJIPCに加盟していないサイトもあります。

 

加盟していないとダメというわけではありませんが加盟しているお小遣いサイトなら安心といえます。

 

 

JIPCのガイドラインをみると

 

1.誠心誠意サービスを運営を行ってまいります。

2.ユーザーの皆様の利益を損なうことのないよう努めます。

3.ユーザーの皆様からポイント交換は何時でもお受けします。

4.サービス終了やポイントの価値が変更する場合は最低1か月前に必ずご連絡いたします。

5.JIPCは上記内容を尊守しないポイントサービス、会社の加盟は許しません。

 

 

これに準じてお小遣いサイトを運営してくれると利用者側からするととても使いやすくて安心なのです。

 

またチョビリッチ(ちょびリッチ)はメールマガジンが少ないところもお気に入りポイントです。

 

他のお小遣いサイトと比べても少なく1日1通です。

 

そしてチョビリッチ(ちょびリッチ)の良いところはポイントの有効期限がない所です。

 

 

だだ、最終利用日から1年過ぎるとポイントが消失します。定期的にチョビリッチ(ちょびリッチ)を利用していれば大丈夫です。

 

こんなのどこのお小遣いサイトもそうでしょうと思いがちですが悪質なサイトだとポイントの有効期限は短く設定されています。

 

この観点からチョビリッチ(ちょびリッチ)は安全な優良サイトといえます。

 

 

チョビリッチ(ちょびリッチ)の危険性と被害まとめ!

チョビリッチ(ちょびリッチ)に危険性と被害がないことが分かっていただけたと思います。

 

お小遣いサイトをたくさん登録していると被害のリスクは上がりますがそれはお小遣いサイトのせいではなく個人で防げることです。それを恐れて登録しないのはもったいですよ。

 

チョビリッチ(ちょびリッチ)には「今日のちょびリッチ」という抽選会があります。

 

当選者は自己申告制で当選ポイントを受け取るシステムなので支払いされなかった場合は当選ポイント額が繰り越されてものすごい額になる時があります。

 

広告利用するのに不安を感じる人はこういうキャンペーンだけで楽しむのもアリだと思います。

 

ちょびリッチの稼ぎ方と評判や評価を紹介!

 

 

当サイトが今一番オススメする2018年一押しのお小遣いサイトは
ポイントインカム」です!

 

数多くあるお小遣いサイトで今もっとも勢いがあるので迷ったらポイントインカムに登録しましょう!

 

今キャンペーン中で、なんと下記から登録するともれなく1,000ポイント(100円相当)が貰えちゃいますよ!

 

ポイントインカムへの無料登録はこちら
↓  ↓  ↓

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方!評価・評判を徹底解説!

 

その他にオススメな稼ぎ方大公開!
↓  ↓  ↓

 

30万円以上の副収入を得るお小遣いサイトの稼ぎ方!