ECナビの危険性について実際に利用している人たちの口コミや知恵袋から検証してみました。
お小遣いサイト「ECナビ」を検索してみると、危険なサイトという言葉が!
しかしyahoo!知恵袋を見てみると、ECナビの危険性は少ないとの書き込みもあり、一体どちらが正しいのか分かりません。果たして真相は?

 

ECナビの稼ぎ方と評価・評判を徹底解説!

 

ECナビは危険なのか?知恵袋で語られている事は

ecナビは危険?知恵袋

 

「ECナビって安全なサイトですか?」という質問に対し、yahoo!知恵袋では次のように回答されています。

 

「ポイントサイトの大手的なポジションにいますから登録自体の危険性は少ないです。
昔利用していたときには広告のクリックだけなどで月、数百円相当のポイントは安全に得ることが出来ました。
今は労力に見合わないと思ったのでやっていませんが。
それ以上のポイント獲得を目当てとした場合は掲載広告の利用が必須になってくるのでECナビ自体の安全性ではなく掲載広告ごとの安全性を吟味する必要があります。
住所や電話番号の記入を求められる広告は利用しないなどと決めておけば早々危険なことに遭遇することは無いでしょう。
利用する場合はメールは確実に増えるので専用アドレスを作りましょう。」

 

ECナビとは、株式会社VOYAGE GROUPが運営しているお小遣いサイトです。
資本金は約10億円、売上高は約177億円、営業利益は約22億円、従業員数は約300人と、かなり大きな運営会社です。

 

 

株式会社VOYAGE GROUPは、お小遣いサイトのECナビだけ運営しているわけではなく、リサーチ業にも力をいれていて、近年ではアプリ関係の事業も展開している会社です。

 

「リサーチパネル」などの多くの連結子会社も持っており、お小遣いサイトを運営している会社の中ではかなり大きな会社と言えるでしょう。

 

 

ECナビの危険性は?

お小遣いサイトの安全性を見極めるための指標としてプライバシーマークとSSLの使用があります。プライバシーマークとは、個人情報について適切に保護・措置をする体制が整備されている事業者であることを認定するものです。

 

 

このプライバシーマークを取得するためには、企業が年に1回以上、個人情報の保護に対する社員教育を従業員1人ひとりに行うことが必要です。

 

 

また、プライバシーマーク取得にはかなりの費用がかかり、2年ごとの更新にも費用が必要になることから、企業がある程度利益を出していなければプライバシーマークの取得自体、できないというわけです。SSLとは、インターネットなどのTCP/IPネットワーク上で、データを暗号化して送受信する通信手順の一つです。

 

 

通信を暗号化することで、成りすましやデータの盗み見などを防ぐことができるのです。

 

 

SSLがあるということは、ハッキングされる恐れがほとんどなく、個人情報が守られるというわけです。ECナビの運営会社である株式会社VOYAGE GROUPでは、プライバシーマークを取得しており、SSLはログインページとポイント換金ページに存在していますので、登録情報が外部に漏れるという危険性はほとんどないでしょう。また、ECナビはJIPC(日本インターネットポイント協議会)にも加入しています。

 

 

JIPCとは、インターネットポイント・マーケティング業界の啓発や健全な発展を促進させるため、情報交換や情報発信を行って、利用者とサービス参加企業、広告主が満足できるようサービス向上に寄与することを目的とした非営利団体です。

 

JIPCに加入できる企業は、ある程度大きな企業でなければ参加できないため、会社の規模の大きさが分かるものでもあります。このように、プライバシーマークやSSLの取得、JIPCへの加入といった観点からみても、ECナビは安全なお小遣いサイトであると言えるでしょう。

 

 

ECナビの口コミや評判は?

ECナビを利用している方々の口コミを見てみると、運営会社が大きいので安心して利用できるという声が挙がっています。また、1クリックでポイントが獲得できるアンケートもあり、ポイント獲得方法の種類が多いのも魅力のようです。

 

 

アプリのダウンロードやアンケートなど、時間つぶし程度に行うようなものでもポイントが貯められるのもいいですね。姉妹サイトであるアンケート専門「リサーチパネル」を利用すれば、一緒にポイントも貯めることができるので、アンケートで稼ぎたい方にはおすすめなんだとか。

 

 

また、ショッピング経由でのECナビ利用もおすすめで、タイムセールになると通常の3倍のポイントが獲得できたりもします。ECナビでは、ログイン時にポイント失効日が分かりやすく提示されているので、うっかり失効したなんて心配もありません。

 

 

ECナビを退会された方々の口コミを見てみると、最低換金額の3,000ポイントまでなかなか到達できず、ポイントが徐々に有効期限切れになってしまったという意見が。

 

また、交換先によってポイント交換にかかる手数料が違っており、手数料が無料なアマゾンギフトやニッセンをよく利用する方ならいいが、あまり利用しない方にとっては手数料が気になってやめてしまったという声も挙がっています。

 

 

運営会社がしっかりしており、運営歴も10年以上のECナビ。
詐欺や悪質といった危険性や悪評などの口コミは見つかりませんでした

 

 

ECナビでのポイント獲得方法としては、ショッピングや無料サービス、アプリ、アンケートがおすすめのようです。毎日ポイントが貯まるゲームや検索については、暇つぶし程度でもポイントが貯められる評価する人がいる一方、効率が悪いと評価しない人もいるようです。

 

 

ECナビ以外のお小遣いサイトはそもそも危険なのか?

ECナビに限らず、お小遣いサイトでは案件やアンケートに参加することでポイントを獲得し、それを現金などに交換することができます。

 

さまざまな会社や企業が広告主となり、自社製品を宣伝するために、お小遣いサイトのようなネット上のメディアを使って広告を掲載しています。

 

 

企業はお小遣いサイトの運営主にお金を支払い、その会社にまつわる広告をお小遣いサイトへ載せてもらっています。お小遣いサイトの利用者は、その会社の広告を見たり利用したりしてその会社に興味を持つわけですから、スポンサーはサイト上で宣伝できたということになります。

 

 

もちろん、お小遣いサイト運営側も、広告を掲載する代償としてスポンサーからお金をもらっていますし、お小遣いサイトの利用者も、広告利用の代償としてポイントをもらうわけですから、お小遣いサイトは、三者ともに利益を生む仕組みと言えます。とはいえ、すべてのお小遣いサイトが安全で信用あるものなのかというとそうではありません。

 

 

中には詐欺や悪質なお小遣いサイトも存在しています

 

 

お小遣いサイトを利用する人が一番注意しておくべきことは、獲得したポイントが現実的にきちんと換金できるかどうかです。悪質なサイトでは、せっかくポイントを獲得しても、実際に換金することができないといった事態がよく発生しています。

 

 

最低換金額が異常に高いもの、ポイントの有効期限が極端に短い、案件・広告料が少ない、運営歴が短い、運営会社の情報が掲載されていないなど、こういったサイトのものは避けた方がいいです。

 

 

ECナビでポイントが付かないことがある?

ECナビでポイントが加算されない理由はいくつか考えられます。

 

ECナビでは、ポイント加算時期が利用内容ごとに異なっているため、付くと思っていたポイントがまだ加算されていないケースがあります。対象ショップや対象キャンペーンを検索し、それぞれの詳細ページでポイント加算時期を確認しましょう。

 

 

ポイント加算時期を過ぎても加算されていない場合は、以下のことを確認してみましょう。

 

ECナビが推奨する利用環境以外で利用しなかったか

ECナビにログインしないで利用しなかったか

Cookieが無効になっていないか

商品をキャンセルしたり交換したりしていないか

注文した後に注文内容を変更していないか

利用基準を満たしているか

 

これらがきちんと満たされていないと、ポイントは付与されませんので注意しましょう。

 

 

ECナビは安全なお小遣いサイトです!

ECナビの危険性について、利用者の口コミや知恵袋から検証してきました。
お小遣いサイトの危険性についての指標となる運営会社を見てみても、プライバシーマークやSSLの取得、登録者数の多さなどから、ECナビは安全なお小遣いサイトであると言えるのではないでしょうか。

 

ECナビの稼ぎ方と評価・評判を徹底解説!

 

 

当サイトが今一番オススメする2018年一押しのお小遣いサイトは
ポイントインカム」です!

 

数多くあるお小遣いサイトで今もっとも勢いがあるので迷ったらポイントインカムに登録しましょう!

 

今キャンペーン中で、なんと下記から登録するともれなく1,000ポイント(100円相当)が貰えちゃいますよ!

 

ポイントインカムへの無料登録はこちら
↓  ↓  ↓

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方!評価・評判を徹底解説!

 

その他にオススメな稼ぎ方大公開!
↓  ↓  ↓

 

30万円以上の副収入を得るお小遣いサイトの稼ぎ方!