ポイントサイトで稼いだお金は確定申告しなければならないのでしょうか?

 

子育て中のママさんや、在宅ワーカーさん達の中で、ちょっとした空き時間にポイントサイトを使ってコツコツ稼いでいる方は少なくないでしょう。

 

ちょっとしたお小遣いように、または家計の足しにと、とても便利で簡単に稼げるとなれば誰しもやってみたいと思うのは当たり前ですが、ポイントサイトで稼ぐ前にちょっと忘れていませんか?お金を稼ぐとしなければいけない事、そう、確定申告です。

 

 

ポイントサイトで稼ぐと必ず確定申告をしないといけない?

 

答えは、Yes!でもありNo!でもあります

 

結論からいうと、ポイントサイトで一定金額以上稼いだ場合は課税対象となるので、確定申告が必要となります。

 

では、どのような人が課税対象になるかというと、会社員やパートなど、会社に勤務し年末調整を受けている人で、副業(ポイントサイト以外も含む)として計20万円以上稼いでいる方は確定申告が必要です。

 

 

また、会社に所属せず、ポイントサイトのみの収入の方の場合は38万円以上稼いだら、確定申告が必要となります。

 

ここで注意しなければいけないのは、ポイントサイトでの稼ぎだけではなく、他の副収入を含めの金額を20万円または38万円を超えた場合が課税対象なので、アフェリエイトなどの副収入のある場合は要注意です。

 

確定申告をしないとどうなるの?

 

確定申告なんて面倒くさい、少しだしバレないだろう、すっかり忘れてしまっていた、そんな理由で確定申告をしなかった貴方、それは脱税にあたります。

 

現在はマイナンバーが導入され、全てを管理されている中で、隠し通す事はとても難しい時代になりました。

 

もし、確定申告をしていない事が税務署にばれてしまったらどうなるのでしょうか?

 

もし、ばれてしまうと追加徴税を課せられてしまいます。

 

追加徴税を課せられると、普通に支払う税金にさらに上乗せをした高額な額を支払うことになり、まだ払い残しが無いか徹底的に調べあげられます。

 

少しの税金を支払いたくないとケチったせいで、更に高額の罰金を支払わなければならないなんて馬鹿馬鹿しいですよね?

 

納税は国民の義務です。

 

 

ポイントサイトのわずかな収入と侮らず、収入は小まめに記録を取り、確定申告に備えましょう。

 

では、どのタイミングでポイントサイトの収入が課税対象になるのでしょうか?

 

課税対象になるのはポイントを現金に変えた時点なので、ポイントとして所持している時点では課税対象金額には含まれません。

 

現金に換えるタイミングを調節すれば、税金対策ができそうですね。

 

 

ポイントサイトの確定申告方法は?

確定申告には青色申告と白色申告があり、青色申告はポイントサイトやアフェリエイトを本業とした個人事業主となる人用です。

 

ポイントサイトでの稼ぎを副業とし、確定申告するサラリーマンの場合は白色申告となります。

 

青色申告と白色申告では控除額に違いがあり、白色申告は基礎控除額が38万円のみですが、青色申告は基礎控除38万円に加え、

 

青色申告控除10万円~65万円が受けられます。

 

 

もし会社に所属しておらず、ある程度ポイントでの稼ぎがあり、少し手間がかかってもいい人は開業届を出して、個人事業主になる方が節約できるでしょうね。

 

では、確定申告はどのように行えば良いのか説明していきたいと思います。

 

今回は白色申告の場合のみの確定申告方法を説明していきたいと思います。

 

 

確定申告には書類が必要になるので、最寄りの税務署から取り寄せるか、確定申告書等作成コーナーから取り寄せてください。

 

必要な書類は

 

①確定申告書B第一表

②確定申告書B第2表

③給与所得の源泉徴収票(原本)

④所得の内訳書の4種類です。

 

それでは書き方にうつります。

 

先ずは会社員であれば確定申告書B第一表の収入金額等の『給与』の項目に源泉徴収票に記載されている給与の金額を記入します。

 

また『雑』の『その他』の項目にポイントサイトで現金化した収入の合計を記入します。

 

次は所得金額欄にうつり、『給与』の欄に源泉徴収票の所得金額を記入します。

 

 

『雑』の欄に必要経費を引いた金額を記入します。『給与』と『雑』を合計してでてきた金額を『合計』に記入します。

 

次に確定申告書第二表にうつりますが、大事な注意点があります。

 

 

副業が会社にばれないようにするには?

確定申告書第二表では住民税の徴収方法を選びますが、

 

もし、貴方が副業をしてはいけない会社で働いている場合は、『自分で納付する』を選んでください。

 

世の中には副業を禁止している会社も多くあります。

 

 

それでも「会社の給料だけではやっていけない。」「もう少し自由に使えるお金がほしい。」など、やむ終えない理由から副業としてポイントサイトを使っている人も少なくありません。

 

もし、副業をしてはいけない会社に所属する人が、間違えて『会社から差し引きする』を選んでしまうと、会社の給料から住民税が引き落とされる際にばれてしまいます。

 

会社に居辛くなるばかりか、最悪の場合解雇される可能性もありますので、絶対に間違わないようにしてください。

 

副業可能な会社に所属している場合は会社から差引きを選んでも大丈夫です。

 

 

ポイントサイトの確定申告はまだ不安な点は多い

ポイントサイトで稼いだお金の税金に関しては、まだまだ詳しい事までは国税庁にも記されておらず、グレーな部分がたくさんあります。

 

税理士さんによってもそれぞれの見解があり、明確なことは言いきれません。

 

これからポイントサイトというものが広まり、知られるようになることで、突然法律が変わることも考えられます。

 

 

そのときに突然脱税扱いになり、督促状が届くなんてことも絶対無いとはいえません。

 

その為にも小さな金額でも記録を怠らず、確定申告に備えておく事をお勧めします

 

 

確定申告をせずに、ポイントをうまく使う裏ワザ!

ポイントを確定申告の課税対象にせず、うまく使う方法はないのでしょうか?

 

実は20万円以上でも申告せずにすむかもしれない方法があります。

 

ポイントサイトでの利益は雑所得に分類されますが、その他に一時所得というものもあります。

 

一時所得とは、お買物をした際に貰えるポイントは別の経済利益という判断になり、他の商品への値引きという考えになることを指します。

 

これらは雑所得とは別の一時所得に分類されます。

 

そして、この一時所得は雑所得と違い、50万円を超えなければ申請をする必要がありません。

 

 

要するに、ポイントサイトで得たポイントは、現金化せず、ポイントサイトを経由して買い物をすれば、

 

これらは雑所得には含まれないので、元手は同じでも、ポイントから現金に変換したお金と合算する必要はないということです。

 

もしも稼いだポイントが課税対象金額に届きそうなときは、そのポイントを使って、物品に変えれば確定申告を逃れられる可能性があります。

 

ポイントも現金も物が違えど同じ価値を持っているのですから、お金で買うはずだった物をポイントで買って、確定申告課税対象から外すという方法も一つの手かなと思います。

 

 

ポイントサイトの確定申告まとめ!

ポイントサイトで稼いだお金と確定申告についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

確定申告というと、よくわからない、面倒くさいそんな言葉が頭を過ぎりがちです。

 

ですが、一度してみるとそこまで難しい事はなく、また確定申告を怠った場合の方が、後々面倒なことになる事がご理解いただけたかと思います。

 

また、今後どの様に法律が変わっていくか分からない分、きちんと自分なりの帳簿を作り、その時に備えておく事が懸命でしょう。

 

お小遣い稼ぎの為のポイントサイトでせっかく稼いだお金なのですから、賢く稼いで損をしないように貯めたいものですね。

 

 

当サイトが今一番オススメする2018年一押しのお小遣いサイトは
ポイントインカム」です!

 

数多くあるお小遣いサイトで今もっとも勢いがあるので迷ったらポイントインカムに登録しましょう!

 

今キャンペーン中で、なんと下記から登録するともれなく1,000ポイント(100円相当)が貰えちゃいますよ!

 

ポイントインカムへの無料登録はこちら
↓  ↓  ↓

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方!評価・評判を徹底解説!

 

その他にオススメな稼ぎ方大公開!
↓  ↓  ↓

 

30万円以上の副収入を得るお小遣いサイトの稼ぎ方!